金融円滑化法は住宅ローンの借り手も申し込みできます

ローンの条件変更リスケジュールの申請ができます

日本の経済状況は一向に改善されずにリストラ問題やボーナスカットなどで組んでいた住宅ローンの支払いが厳しくなってしまう方が急増しています。 それに対して2009年12月に金融円滑化法というものが施行されました。 ある意味で銀行はこれにより住宅ローンに対する条件の変更などの個々の努力をしなくてはいけなくなりました。 実際、相談件数は一気に増えて6倍以上になったと言われています。 リスケジュールは仕事が変わった場合などによるボーナスの支払額の変更や返済期間の延長です。 元金据え置き期間の設定などがあります。 これにより経済的に厳しい状態になってしまった方が家を競売に掛けられてしまったりしますから、このように差し押さえや売却をせざるを得ない状態になり失ってしまうという状態を減少させることが可能になりました。

金利

失業してしまった方などは3年間の元金据置期間

元金据置き期間中の金利を1%引き下げ

会社が倒産したり、リストラなどで職を急に失ってしまった場合などの時には、まず、これからどうすればいいのでしょうか。 年収が住宅ローンの年間支払額の数字で4倍以下になってしまったりします。 収入が2割以上減少してしまった時など一定の条件を満たした場合などは金融円滑化法により、ここから様々な対応の努力を続けてしてくれます。
返済期間の15年間の延長(最長)
3年の元金据置期間(最長)
2年の元金据置期間延長(最長)

などが、今の現状ではあります。 また支援機構により1%の金利引き下げの措置や一時的な住宅転居の承認の廃止なども、行っています。 これにより本当に困った時には一時的な避難措置がスムーズに簡単にできるようになりました。

金融円滑化法で住宅ローンのリスケジュールのデメリット

トータルの総返済額は増額になってしまいます

住宅ローンのリスケジュールは本当に困った方で家をどうしても失いたくない方のための救済措置です。 ですから、これによってのメリットは家を競売に掛けられたり任売を検討したり差し押さえなどになってしまう事を、ここで上手く避けられるという事です。 返済が苦しくなってしまった時のためです。 やはり期間を延長する事によって支払額は伴ってアップしてしまいます。 最終的な総額で3000万円の住宅ローンの場合15年の延長で数字的に約1千万弱の差が出て来てしまいます。 これはあくまで極端な例ですので、やはり、これが今後は実際には金融円滑化法が廃止になる2013年3月以降も大きく関係します。 ここから少しでも支払額の面などで困った時などはなるべく早く住宅ローンを組んでいる銀行と相談する事が重要です。

このページの先頭へ